労災上乗せ共済とは

弊事務所では、(一社)全国労働保険事務組合連合会の「労働災害共済制度」を取り扱っています。
労働災害共済制度(上乗せ労災共済保険)は、法定外補償保険として政府労災保険の給付が決定された労働災害について、労災給付金に上乗せされる補償です。
福利厚生を手厚くするほか、民法上の損害賠償費用の、労災保険でまかなわれる分の超過部分が支払われます。
労働保険事務組合と事務委託契約し、労働保険に加入することが前提となります。

加入のメリット

無記名方式

従業員の入退社のたびに、社員を登録する必要がありません

手厚い補償を安価な保険料で受けられます

保険料算出は賃金総額×職種別掛け金率と明確で、休業・障害・死亡に関して充分な補償が得られます。

手続きが簡単です

弊事務所の場合、労働保険申告時に同時にお申し込みが可能ですので、お手を煩わせる事がございません(期の途中での加入も可能です)。

くわしくはこちらをご覧下さい。
ページトップへ